広島市安佐北区の歯医者 あだち歯科医院

〒739-1732 広島県広島市安佐北区落合南1丁目11-13
TEL 082-840-0036

 

休診
※木、土午後休診
 

診療案内

歯周治療について

厚生労働省の歯科疾患の調査によると、30歳以上の方は80%の人が歯周病にかかっていると言われています。歯周病は痛みなどの症状がないまま進行します。30歳を過ぎたら歯周病のチェックを受けましょう。
歯周病は、歯に付着している粘着性の沈着物であるプラーク中の細菌や、細菌の毒素が原因です。歯肉が腫れる「歯肉炎」、さらに進行すると歯の周りの組織であるセメント質・歯根膜・歯槽骨まで破壊される「歯周炎」となります。
当院では、位相差顕微鏡動画管理システムを用いて、この歯周病の原因である細菌類をきちんと検査し、治療を致します。ご安心ください。

オリンパス社製位相差顕微鏡動画管理システム Perio saver(ペリオセーバー)
歯周治療 歯周治療
最新の歯科治療設備【位相差顕微鏡】Perio saverは、お口の中の歯周病菌の検査、観察、記録が出来ます。

プラークコントロールで原因菌を減らし炎症を抑えるために、セルフケアのほかに、歯科医院でのプロフェッショナルケアが必要です。
歯周病予防のためのセルフ・ケア
プラークコントロール
毎日のブラッシング
定期的にプロフェッショナル・ケアを受ける
3ヶ月に1回、プロフェッショナルケアを受けることで、歯周病で歯を失うリスクは減ります。

歯周病予防のためのプロフェッショナル・ケア
歯肉のケア
歯ブラシによる適度な機械的刺激
歯石除去
歯のクリーニング(PMTC
PMTCとは
専用の器具を用いて、お口にたまった汚れや細菌を除去し、清潔な口腔内環境にいたします。PMTCを終えると、心地よい刺激で、終わった後はピカピカ、つるつるになり、スッキリ爽快感が生まれます。
3ヶ月ごとの定期的なメインテナンスを受けて細菌を除去すると、虫歯や歯周病の予防に大きな効果があります。歯肉の腫れや痛みを防ぎ、歯の寿命を延ばすことができます。

 

インプラント治療

インプラント治療は純チタンでできた人工歯根(インプラント体)を歯のなくなった部分の骨に埋め込み、その上に差し歯を作ります。咬み心地はほぼご自分の歯と同じです。
インプラント治療は、歯を失った部分のみを治療する方法ですから他の歯に侵襲を加えることはありません。そして、しっかりと硬いものも咬むことのできる歯を回復することができるのがインプラント治療です。

インプラントの長所と短所
長所
入れ歯と違って違和感もなく、取り外しのわずらわしさもありません。
入れ歯を固定する金具は必要がないので、自然な外観を取り戻せます。
ブリッジにする場合は、健全な歯であっても、欠損歯の前後の歯を削らなければなりません。
インプラントであれば欠損部のみに治療を行えます。
欠損部をインプラントのみで支えることができ、周囲の歯に負担がかかりません。
欠損部の骨吸収を防ぐことができます。
お口の中を清潔に保ち、メンテナンスを行っていれば、長期間にわたり機能します。
 
短所
保険が適用されないため自費治療になります。
60分程度の外科手術が必要です。
治療完了までにある程度の期間が必要になります。

当院では世界的に普及しているブローネマルクシステムを採用しております。

インプラント治療の流れ
インプラント治療 フィクスチャーを埋入する部位に十分な骨の量があるか、また全身疾患の有無について調べます。  
インプラント治療 フィクスチャーを顎の骨の中に埋入します。上顎では3~6ヶ月、下顎では2~3ヶ月、骨としっかり付くまで待ちます。 インプラント治療
インプラント治療 骨としっかり付いたフィクスチャーにアバットメントという装置をつけます。その上に歯を作ります。 インプラント治療
インプラント治療 仮歯をつけ、実際にお口の中で機能するか確認します。違和感なく、しっかり噛めるようになるまで仮歯の調整を行います。 インプラント治療
インプラント治療 仮歯の形どおりの最終的なかぶせを作り、装着します。 インプラント治療